toggle
2017-02-12

ハーブのお話。~マリーゴールド~

>昨夜は、雪の心配もしたけど、帰る頃には、綺麗なお月様が輝いていて。

あら、いいお天気・・・・。その直前には吹雪いていたのに。

慌てて帰り支度をしたものの。拍子抜けしちゃったな。

>先日、お客様とハーブのお話をしていて。その時に、
そー言うお話、もっとすればいいのに~っと助言を頂いたので。
そんな事をBlogにしてみようかと。

ハーブを勉強し始めたのが、6年前。
ゆる~く続けているウチに、ゆる~く詳しくなっていった感じです。

今日は、マリーゴールドのお話。

マリゴールドと言うと、よく見かけるのが

こんな形の、マリーゴールドですよね。丸くてかわいい~

よく、小学校の花壇とかにあった記憶。

種も、球型になるんですよねぇ~。

ハーブティーで使うマリーゴールドは、

ポットマリーゴールド。

こっちになります。

学名:Calendula Officinaliss
英名:Pot marigold
和名:トウキンセンカ

 

 

ちなみに、学名に、Officinaliss(オフィキナリス)って言葉が付くものは
古代より、薬用として使われていたハーブになります。

英名の、Pot は、”食用にできる山菜・野草”という意味。

それを聞いただけでも、この植物の凄い力を感じますよね!

この花には神話があります。

「太陽の神:アポロン」と「美少年クレムノン」の仲に嫉妬した

雲の神が、太陽を8日間厚いマントで覆いつつんでしまいました。

8日間も、太陽に逢えなかったクレムノンは寂しさの余り死んでしまいます。

9日目。雲の呪いから解放された太陽は、そのクレムノンの姿を見て悲しみ

彼を、自分の黄金の輝きを映すマリーゴールドの花にしました。

2人の愛のしるしとして、永遠に自分の前に咲くようにした。

と、こんな神話があります。

なので、マリーゴールドのは、太陽に愛された植物!

エネルギーも優しくて飲めば、身体の内側から光が発散するかのように

滞りを動かしてくれます。

また、ローションやクリームなど、外用にも使える万能ハーブ!

乾燥した肌に潤いを与えてくれるなど、ほんと多用に万能なハーブなんです。

また、マリーゴールドを使ったブレンドティーも

施術後のハーブティーにご用意しますね。

あっ、このハーブは、「キク科」です。キクにアレルギーのある方はご注意ください。

あと、妊娠中のかたも、ダメですのでね。

ではでは、この辺で・・・・。

ハーブのお話は、またいつか。

 

この記事を書いた人

武田 未来リラクゼーションマッサージ Syalala~シャララ~ オーナーセラピスト

名古屋市東区 泉1丁目にて、ボディケア&足つぼ&ハーブ Syalala を運営。
他店にて9年の実績を経て、2012年4月に独立。
「父の手」「母の手」のように、しっくり馴染む手を常に追及。

見かけによらず、しっかり、ガッツリ施術が人気。

関連記事