toggle
2021-01-26

検診を受けた後の話

先日、お客様から、「Blog読んでるよ!」ってメッセージを頂きました。この一言で、またスイッチが入った私です(笑)

今日も、お読みいただいてありがとうございます。

婦人科系検診

先日の事。突然、

「これ読んでみてもいいかもよ。」

って渡された一冊の本。名古屋にお住まいの方なら誰もが存じ上げている方。中京テレビアナウンサー 恩田千佐子さんの著書「一歩先へススメ」。

この本を渡された2日ほど前に、「乳がん・子宮頸がん検診の結果報告書」が私の手元に届いたばかりだったので、なんとなく旬な話題だなって思いました。

お陰様で、今年の検診結果も、全て良好。問題なしで安心した所です。

私は、必ず、年1で、検診に出向きます。いつも行くクリニックは、「みやがわ乳腺クリニック」さんです。ここはお客様に教えて頂いたクリニックで、その方も定期的に検診に行かれているので、

「今年は行った?」「あっ、まだ、行かなきゃっ」なんて会話をしたばかりです。

自分で見つける異変

この年齢になると・・・って、昔ならそう言いましたが、今では20代の方でも発症する病となった乳がん。私の身近な友人やお客様。私が姉貴のように慕っている方もこの病と闘いました。そして、今現在も闘っている方もみえます。

幸いな事に、私の身近な方々は、その病を克服し、今では元気一杯に毎日を過ごしている方ばかりで彼女等は口を揃えて、こう教えてくれます。

「あれ?って自分で違和感を感じて見つけた。」

って。お話を聞くと、検診を受けて異変に気づいた方も、もちろんいます。特に子宮頸がんは、殆ど自覚症状がないのが初期段階だって。けど乳がんに至っては検診を受けていたけど、見つけたのは自分ってお話が多いのです。

その事を、この本は想い出させてくれました。

この本の帯にある「検診を受けていれば安心と思っていませんか?」の言葉が、ダイレクトに届きました。だって、この前検診結果を受け取って、「あー今年もよかった。」って思ったばかりですもの。私ったら。

この病を患った人が語る言葉。私の身近な友人達が教えてくれる事。きちんと受け止めて「知る」事が、彼女達への最大のエールになる。そう思います。

さて・・今、ちょっと時間があるので、読んでみます。

それでは、今日はこの辺りで。また明日。

<追記>

本と一緒に頂いたのが「欧風洋菓子プランタン」さんの焼き菓子♡お久し振りです。プランタンさん。魔法の葛ロール食べたくなっちゃった・・。今度買いに行こっと。

関連記事