toggle
2014-06-02

梅沢富美男劇団から教わる事

>さて。6月です。

カレンダーも半分の位置までやってきましたね。

本当・・・月日が経つのが早い・・。と年々想うこの頃です。

最近は、真夏の陽気で、すっかり夏気分ですが、まだこれから梅雨の季節です。

しっかりと、心身共に健やかに過ごせるよう、工夫しましょうね。

>さて。遅くなりましたが、レポブログ。

5月16日より、名古屋の中日劇場にて、「梅沢富美男劇団」の皆様が

10日間、公演されており、座長である梅沢富美男さんの、身体のメンテナンス担当で

毎朝、楽屋へお邪魔させて頂きました。

umezawa2

梅沢劇団の皆さんとの出会いは、2006年の冬で、御園座公演の時でした。

なので、かれこれ・・・8年程、お付き合いさせて頂いております。感謝です。

毎回、劇団の方々や、スタッフの方々とお会いして、接する度に、

「チームの力」を実感します。これが、本当に気持ちいい。

音声さん。大道具さん。床山さん(カツラね)。衣装さんに、小道具さん。運営スタッフ。

其々が、其々の仕事をして、一つの舞台が成り立つ。

もちろん、舞台に立つ「俳優さん」の力も凄い。

butai ※舞台の袖からの景色。結構好きです。

とかく、個人プレイな毎日な私にとっては、とても良い刺激になり、勉強になり。

そして、忘れてはいけない何かを思い出させてくれます。

そのトップの位置で、采配を振るうのが、看板であり、座長である梅沢さんです。

全てのスタッフに声を掛け、そして、疲れ果てて食事を取らずに寝てしまわぬよう・・・・。

劇団員へ食事の気遣いもされます。

お昼ご飯、夜ご飯。毎日、毎夜必ず声を掛け、私にも声を掛けて下さいます。

「公演中に、痩せられては困る。俺の顔がたたねぇー」と、お馴染みの口調ですが、

本当に、優しい方です。毎日、毎夜、食事に連れて行き、皆・・お腹一杯にご馳走になります(笑

「どうせ、御馳走様でした!って言うんだろ?だったら好きな物を好きなだけ食べなさい。」が口癖(笑

と、とっても和みムードな劇団ですが、上下関係の気の使い方は、流石。

座長の灰皿、座長の飲み物。常に目を配り。座長が呼べば、「はいっ!と立ち上がる」

時には、「片付けの手順が解りかねますので、ご指示願います。」と申し出て。

先輩は、後輩の面倒を良くみて、後輩は先輩の言う事をキチンと聞き。

自然と、私もその空気に馴染み、自分が今、何をしたらいいのか、どうすればいいのか。

そんな事も解ってきます。

これって、凄く大切ね。目上の人がいる環境。それは・・年を重ねる度に少なくなり。

個人事業主となってしまった私には、数少ない、大切な場所です。

重ねて、体育会系な感じが気持ちいい(笑

この、公演中、何度も聞いた言葉。

「いいか、役者を育てるのはお客様だ。お客様に教えられ、育てられるんだよ。役者ってのは」

置き換えれば、私も同じ。

お客様に教えられ、そしてお客様に育ててもらい。お客様の支えの元、仕事をさせて貰ってます。

そんな部分を、改めて心に刻み。名古屋を後にする劇団の皆様を見送りました。

この次に、劇団の皆様とお会いするのは、いつになるか解りませんが、

この次に会う時も、笑顔でお会い出来るよう、私も名古屋の地で精一杯頑張ります!

「ありがとうございました!押忍!」

 

 

この記事を書いた人

武田 未来リラクゼーションマッサージ Syalala~シャララ~ オーナーセラピスト
名古屋市東区 泉1丁目にて、ボディケア&足つぼ&ハーブ Syalala を運営。
他店にて9年の実績を経て、2012年4月に独立。
「父の手」「母の手」のように、しっくり馴染む手を常に追及。

見かけによらず、しっかり、ガッツリ施術が人気。
関連記事