toggle
2016-04-24

発信力と受信力

>こんにちは。いいお天気の日曜日。

如何お過ごしですか? いつもと同じ時間割で。

起きて、食べて、さて・・何しよう?

そんな時間の過ごし方もいいですよね。

>さて。タイトル。

昨夜、お店が終わって、いつもの通りに帰宅。私は車通勤です。

いつも@FM(FM愛知)を聴きながらの運転で、さらっと聴きながら帰るのですが

昨日は、走り出した瞬間に、BGMも無い空間から一声。

「長渕剛です。」

ん??? ものまねの人なのかな?と思ったけど。その空気の圧感は半端ないから。

いや・・・本人だ。

どうやら、緊急特別番組で、鹿児島出身の彼は、FMの電波を使って

被災地にエールを送っていました。

2016-01-01-005315

※この写真は、2015年12月31日にラジオ出演した時の記事より拝借。
きっと、こんな感じでマイクの前にいたと思います。

「30分しかねーけど。ギター持ってきたから。」

彼の事は、よく知らないくせに、何故か、彼らしい・・と思ったし
その一言で、結構・・ガツンと胸に響くものがありました。

さすが。富士山で10万人も集めてLiveをするだけの人。
凄く力があって、それを唄にして、ぶつける事が出来る人。

私は、30分間、耳を休める事なく聞き入りました。

その力は、凄くてね。ギター1本と。1人の人間の力。

と、ラジオの電波の力。そして人間の聴力。

視覚の情報力よりも、遥かに音の方が、情報量が多くて。
音は、直接心に響くそうです。

音の波動は、直接人間の身体全部にぶつかって。
それで、感動したり、気持ちが前向きになったり。
リラックスしたり、警戒したり。

あの、地震速報の「音」の嫌な感じ。

あれが、ピカピカ光るだけの視的情報だったとしたら?
音の嫌な感じには、到底近づけないはず。

それだけ、「音」は心に繋がります。

その30分間は、ギターの音と、彼の歌声と。語りだけ。

他には、何にもなくて、たぶん台本もない。

「車の中で聞いているみんなも、耳を傾けられたら、ちょっと聞いてくれ」

その言葉は、車の中で聞いている私と被災地の車の中で聞いている人を

少なくとも、一瞬は同じ気持ちにしたはずです。

10代に向けた言葉。じーちゃん、ばーちゃんに向けた言葉。

警察、行政、自衛隊に向けた言葉。

九州全体に向けた言葉。そして、九州以外の地区の人に向けた言葉。

どれも、ガツンと来ました。

私には、こんな発信力ないけど、受信力はある。

受信力がなければ、発信力も成り立たないのだから。

私に出来る事を、小さな事でも。やろうと改めて思い直しました。

ありがとう。長渕!

記事関連リンク:
長渕剛 届け! 九州へ!

この記事を書いた人

武田 未来リラクゼーションマッサージ Syalala~シャララ~ オーナーセラピスト
名古屋市東区 泉1丁目にて、ボディケア&足つぼ&ハーブ Syalala を運営。
他店にて9年の実績を経て、2012年4月に独立。
「父の手」「母の手」のように、しっくり馴染む手を常に追及。

見かけによらず、しっかり、ガッツリ施術が人気。
関連記事