toggle
2016-09-15

竜馬と龍馬は違うって知った日の事。

>「これから、毎日Blogを書こうと思って!」

先日、お茶をしている時に、友人が言った言葉です。

「自分の中だけの決め事だけど。決めないとやらないから。」

ほほぅ・・・・。なるほど。確かに。

と言う事で。その友人に肖って、私も出来る限り・・・・更新しようと。
そう・・・ユルク 決めました(笑

>そんないつまで続くか解らない・・・タイトル(笑

今年の初夏になるか、ならない頃に。
1冊の本を頂きました。

「もう、読んじゃっていらないから。武田さん好きでしょ?こーゆーの。」

って。その本が、

14237478_1015422701889757_5066437271660770658_n

「明治維新という過ち」/ 原田伊織・著書

確かに。好き。
私はこの時代の事を知ったキッカケが、

やっぱり、「坂本竜馬」が最初で。

その流れで、「高杉晋作」が好きになって。
九州の小倉と下関に行った時には、長州~って感じでいて。

で、会津側の、この時代の事を知って・・・・・・。
郡上藩の凌霜隊の事を知って、郡上城まで行ったりしながら

どっちの事も知ってからは、

会津寄りな人になり。
次に旅をするなら、会津に行ってみたいなぁって。

でもって。岩倉具視が大嫌い。

それでも、坂本竜馬や、高杉晋作の方の事も、キライじゃないけど。って感じ。

>この本は、なんとなく放置状態が続いてて・・・・。

そんな、とある日。私と同じ歴史感を持ち。
いつも、いろんな事を教えてくれるお客様から

「明治維新の過ち」は読んだのかね? と聞かれ。

「あっ・・・まだ・・・・。」

「読んだ方がいいよ。歴史感変わるし。私は長州が大嫌いになったよ。」

って。言うものだから。

「えっ?吉田松陰も嫌いになる?」

「なるよ。」

「高杉晋作も?」

「なるなる。」

そこまで言われて・・・・・。
目の前にあったその本を、「そう???そんなに??」って感じで
ペラペラ~っとめくって、サクッと読み始めました。

~はじめに~ 竜馬と龍馬

から、この本は始まるのだけど・・・・。
ここから、グイッと引き込まれます。

先に読み進めるには、ある程度のこの時代の知識が必要となります。
それでも、前のページに戻ってみたり、
Wikipediaで、色々確認したり、調べたりしながら・・・

例えば、「三島事件」とか。「八月十八日の政変」ってなんだったっけ?とか。
蛤御門の変とどっちが先だっけ(汗

とかね(笑 頭の中で整理しながら読み進めて・・・。
でも、途中から頭の中でまとまってきて。
半分読み進めた時には、頭の中に年表が出来上がってたから
そこからは、スムーズに読めてます。

9ea0e248dd952c27f8b6bfe4038b6344

これでもかっ。って程に、長州を徹底的に野蛮人として表現。
しかも、その描写も・・ここに書けないくらいエグイ。

でも。
著者が言うように、歴史は人が作ったものであって。
そこには、血生臭い、卑怯卑劣な。そして今ほど裕福な時代じゃない
生きる為には、人をも殺める時代。

美学や、侍魂、武士道、日本の美は・・・・・。

エリート武士が持つ世界であって。

士農工商・・・・全てに武士学があったかの聞かれると
納得する。

そのエグイ描写も・・・腑に落ちるし。
リアルな現実だったんだと、理解出来る。

となると、徳川幕府・会津藩・桑名藩・諸々が
凄くキレイな世界に出来上がってしまう訳で。

こうなってくると・・・
水掛け論的な感じになっちゃうね(笑

けどね。
確かにね。

坂本竜馬が、ヒーローになり過ぎていると言う
著者の言葉と、竜馬と龍馬は違う。と言う所は納得。

この時代の事が好きな方。
是非、この本を読んでみて下さい。

歴史ってね。見る角度によって全然違うし。
原田さんの、この本は・・・・
生々しい。

その時代の中にいる感覚になりますよ。

もう少しで読み終えるこの本。
早く、読み終えて
お客様と、沢山お話がしたい!

追記:
img_9470-1

Syalalaのすぐ近くの、Mamie&mamie さんのスープランチ♡
やっと食べれたのー♪ 勿論・・・食後には
9月の季節スムージー 「巨峰・梨・ソイミルク」のスムージーも頂いたよ♪
美味しかったな~。おすすめですよん。

この記事を書いた人

武田 未来リラクゼーションマッサージ Syalala~シャララ~ オーナーセラピスト
名古屋市東区 泉1丁目にて、ボディケア&足つぼ&ハーブ Syalala を運営。
他店にて9年の実績を経て、2012年4月に独立。
「父の手」「母の手」のように、しっくり馴染む手を常に追及。

見かけによらず、しっかり、ガッツリ施術が人気。
関連記事