toggle
2016-09-30

四十肩・五十肩の気配

>気持ちのいい朝でしたね。本日。

これよこれ~秋の、ちょっと肌寒くて・・・・。
カラッとした空気に・・・青空。

秋って感じ。

けど、このお天気もそう長くは持たず・・・・。
今日の夜には雨・・・明日も雨予報。

お店のタオルとかの洗濯物を乾かすのが一苦労・・です。

これも、もう少しの我慢、我慢。

>でタイトル。

四十肩・五十肩の気配を感じているのは、誰でもなく・・・。

この私(涙

この仕事を始めた20代の頃。ご指導頂いた鍼灸師の先生に、

「未来さんは、将来。左に四十肩・五十肩が出てくるけ。」←九州の方。

と言われてまして。

当時、一緒に働いていた同僚の仲間の所に施術を受けに行っても、
今、お世話になっている整体の先生の所に行っても、みなさん
口を揃えて言うのが

「左・・悪いなぁ~相変わらず。」

自分でも解ってるし、何がどーなって、そーだから、これ。って理由も解ってる。
だから、それなりの気は使ってきたつもり。

つもりでもね・・・。なる時はなるんですよね。

先生の言葉が見事に的中・・・・しそうな気配に、「来た・・・・」と思うのであります。

なので、毎日のストレッチが欠かせなくなってます。

そもそも。四十肩・五十肩って言うのは、「名称」みたいなもので

正式には、「肩関節周囲炎」と言います。読んで字のごとし
肩関節周辺の炎症です。

117810

まぁ、言ってみれば。
長年使ってきた、腕の付け根に、ガタがくる。
いろんな潤滑油も少なくなってくるし。

私の場合は、正しい位置でキチンと使ってない上に負担も大きく。
いつ、炎症になってもおかしくはなく・・・・。

今はまだ、「ん?」って段階。
同業者にも話した所。炎症が起き始めているか、種が出来ていると思うよって。

>やっぱりねぇ・・・。と思いながらも、

毎回、こーやって自分にガタがくる時って、理解を深めるチャンスとみてて。

当時、先生に教わった、ストレッチも、
今やってみると、てき面に効いてくる(笑

何が辛くて、どこが痛くて、何をして欲しくて、どこを触ればいい。
そして、何をしたら駄目なのか。

百聞は一見に如かず。

こりゃ、20代の私だったら、理解出来ない痛みだわ~(苦笑

そして・・・きちんとほぐして、伸ばしてもらわなきゃいけないってのも解る。
これは、もう、必ず。
自分で、自分の施術が出来たら、一番いいのだけどね(笑

私も皆様と同じ人間なので。同じように出来ております。
近々、きちんとメンテナンスして来るつもりです。

そして、私は、この経験を糧に、みなさんをメンテナンスしますね。

週末金曜日。9月も終わりの月末。
良き午後でありますように。

追記:

img_9694

神戸の「エルドミンゴグランデ」さんの店内。
クジラが泳いでいるみたい♪

 

この記事を書いた人

武田 未来リラクゼーションマッサージ Syalala~シャララ~ オーナーセラピスト
名古屋市東区 泉1丁目にて、ボディケア&足つぼ&ハーブ Syalala を運営。
他店にて9年の実績を経て、2012年4月に独立。
「父の手」「母の手」のように、しっくり馴染む手を常に追及。

見かけによらず、しっかり、ガッツリ施術が人気。
関連記事