toggle
2017-09-02

足つぼコラム ♯3 本当は怖~い 「痛くない」

>さて!9月1日~9月30日まで、Syalalaでは

「足つぼ祭り」を開催しております!

是非是非、ご来店下さいませ。祭りに便乗して♯3 の更新です!

>前回の♯2のコラムで、痛いのが正常 と言いました。

サブスタンスPの誘発によって・・・・・。です。

では、その逆の、「痛くなーーい♪」 はどうでしょう。

ダイトルの通り。「痛くない」が、一番悪い状態となります。

足つぼは、罰ゲーム的なイメージが先行したり、痛い=悪いんだよねっ

って言う言葉がセットになってしまってて。

「OK!痛くないっ!俺健康~!」

と、思いがちですが・・・・・。OKどころか、最悪の状態です。

>痛くないとは、どう言う事かといいますと。

どれだけ、私が強く、ガツガツに、指から血が出るほどの力で押しても

・・・・・・・・ん???

って感じです。なんか遠くで押されている感覚です。

全然、遠いです。

触られている感触はあるんですけどねぇ・・・・。

>押している私側も、それはよく解ります。

全く指が入らないと言うか、届いていないと言うか

足裏が「無」なんです。

これは・・・前回お話した、神経伝達物質 そのものが放出されていなく

細胞が動いていなくて・・・神経も滞ってて

よって、脳も反応していなくて・・・・。

「痛み=体を守る」 の方程式そのものが崩壊している状態!

怖いですよねぇ・・・・痛くないって。

15年間で、最も酷かったお客様は、システムエンジニアのお仕事をされていた

A様。

作業する時は、企業様の地下にてパソコン作業をされていて

昼も夜も解らず、昼夜こもっての作業。

作業と作業の合間に仮眠をし、食事もし、

作業が終わって屋外に出た時は、いつも

ん??今日は何日? って思うとの事で。

繁忙期には、3日ほど、地下にこもる仕事が何件も続くとか。

>いつも、作業が終わると、

以前私が勤めていたマッサージ店に、フラフラで立ち寄り

「いつもの、足つぼ」をご注文され、担当させて頂いてました。

私の足つぼ人生に、名を残すほどの方で

全く、何しても、うんともすんとも言わない~(涙

連日の作業で、自律神経も崩壊。色々な事も崩壊。

身体によくない!

A様の場合は、根気よく神経が反応するまで

繰り返し、繰り返し・・・・やるのです。

そこに、反射区の正当な施術は必要なく。

罰ゲーム的な、痛みを与える施術でもいいので、

とにかく、痛みを感じさせる!

これ・・・・毎回、片足で60分かかりました。

60分でもダメな時・・も多々ありましたが・・・(涙

「あっ、来たかも!」

となれば、もう先の光は見えて来た所!

ここから、一気に攻めます。

あっ、ここからは正当な反射区への刺激に切り替えてね。

たった、一箇所。小さな一箇所でもいいのです。

痛みを感じる箇所が出来れば。

そこからは、もう、どこを触っても痛くなります。うん。

>さっきの私の全力の力は、一体なんだったのかって言う程

少しの力加減で、大騒ぎする程痛がります。

そりゃそーですよ。それだけ悪いのだからーーーっ。

ただ、最悪の状況は脱出しましたよ!って所。

面白いのが、片足の神経がつながれば、もう片方は、

結構すんなりと反応してくれるのですよ。

時々、あぁ・・今日はダメでしたね・・全く効かない・・・。

そんな時もありましたけど、

いつも、普通で120分位やってましたねぇ・・・A様。

帰られる時は、いつもグッタリした感じではありましたが(笑

あれだけ痛いのでねぇ・・・・・・そりゃグッタリですよ・・・・。

表情の方は、スッキリした感じで帰られてました。

これで、ご飯食べて帰って寝ます!って。

懐かしいお話。A様はその後九州へ引っ越しされましたが

お元気で過ごされている事を願います。

>15年、いろんな足を触って来た手がいろんな事を覚えてます。

また、そんなお話も想い出したらコラムにしますね。

では、♯3は、ここでおしまい。

足つぼ・・・決して怖くはないのでね(笑 安心してご来店下さいませ。

 

9月1日~9月30日までは、Syalalaの足つぼ祭り開催中!

詳細は、専用ページにて~。↑画像をクリックしてね。

Syalalaの足つぼは、30分コースと60分コース。

詳細はメニューページをご覧下さい。→ メニューページ

 

この記事を書いた人

武田 未来リラクゼーションマッサージ Syalala~シャララ~ オーナーセラピスト
名古屋市東区 泉1丁目にて、ボディケア&足つぼ&ハーブ Syalala を運営。
他店にて9年の実績を経て、2012年4月に独立。
「父の手」「母の手」のように、しっくり馴染む手を常に追及。

見かけによらず、しっかり、ガッツリ施術が人気。
関連記事