toggle
2021-02-06

糖質と糖類②

本日もこんにちは。暖かい名古屋です。さてさて、今日は前々回の「糖質と糖類①」の続きです!

糖質とは

前々回の記事で、「糖類」をやりました。糖類は、糖質の中の、単糖類二糖類の事を指します。では、それ以外で糖質の中に含まれる「糖」は何があるのかと言うと、

多糖類(でんぷん・オリゴ糖・テキストリンなど)

糖アルコール(エリスリトール・キシリトール・ソルビトール・マルチトール・ラクチトールなど)

合成甘味料(アセスルファムカリウム・アスパルテーム・ネオテーム・スクラロース・サッカリン・アドパンテームなど)

はい。カタカナばかり。覚えられなーいですよね。この辺りで挫折しそうになりますが、がんばりましょう(笑)

この中のどれか一つでも使われている場合は、糖質ゼロ商品にはなりません。

また、糖質5gってだけの表示は、先にも述べましたが、「糖類」も含めて糖質になるので、もしかしたらブドウ糖などの単糖類も使用されている可能性はあります。丁寧な、栄養成分表示の場合は、糖質と糖類に分けて表示されているので、チェックしましょう。

また、こんな表示もあります。糖質0.7g(エリスリトールを除く)っての。

これは、エリスリトール以外の糖質は0.7g使ってます。って事ね。と言う事は、「糖類」0.7gなのかもしれません。エリスリトールの使用g数は不明ですよね。

もうね。ほんと、もっとシンプルにして欲しいです。こーゆのって。

糖質は大丈夫。

結論。糖類以外の、糖質は血糖値に影響が少ないので大丈夫です。体内に吸収されても、カロリー源にはならないので太る要因にはなりにくい。(そうです)

中でも、エリスリトールや合成甘味料は「血糖値を上げない」と参考資料には書いてあります。多糖類のオリゴ糖は、最近よくチョコレートなんかにも使われていて、「糖として吸収されないオリゴ糖」なんてキャッチフレースもありますよね。とても身体にいい「糖質」でもあるようです。

「糖質ゼロ」商品は、「糖類」を含めてゼロです。

「糖類ゼロ」商品は、「糖類」以外の甘味料が使われています。

ここで。次なる問題が浮上します。そうそう、「合成甘味料」です。身体に良い事で始める糖質制限なのに、身体に良くない甘味料を摂取していたら、本末転倒。何の為に糖質制限していたのかってなります。

はい。今日はここまでにしましょー。長くなるわぁ~。この話(笑)次は、じゃあ、何ならいいの?って所。一緒に探っていきましょ!

さてさて。今日は、ポカポカ土曜日。お花の手入れでもしようかな?

<追記>

裏のベランダに植物全部出して、日光浴中♪お水あげよっと。

関連記事